千と千尋の神隠し

日本アニメ映画で、興行成績No.1に君臨し続けるのがこの「千と千尋の神隠し」。千尋がたくましく成長し、礼儀を身に着ける姿は、世界中でも高く評価されています。

千と千尋の神隠し あらすじ

主人公の千尋は新しい場所に引っ越すため車で両親と移動していました。慣れない道で迷いながら車で走っていると、見慣れない光景を見て両親がトンネルに入りました。途中で車を降りて歩いて行くと現世で見れないものをみてしまい、千尋は唖然として、千尋本人もその世界に入りました。その後体験できない経験を積み、千尋は成長していきました。

千と千尋の神隠し ここが面白かった

千尋は現世で見れないものを見て最初は驚いていたけど、その場所に慣れて仕事を覚えたり人と会話をして行くことで人間的に成長する姿に感動しました。映画の世界感が日本ぽくなくて海外に行っているような気分で見れて不思議な場所で心地がよいなと感じました。キャラクターもかわいくて見たら顔を忘れない人物が多数出ていて面白さもあり、楽しかったです。

千と千尋の神隠しの舞台?台湾の九份

台湾の九份(きゅうふん)は、千と千尋の神隠しの舞台になったといわれています。しかし、公式ではそういった発表はないそうですが…。

数年前に実際に訪れてみましたが、小道にお土産屋や飲食店が密集しているエリアや、ちょっと路地裏に入れば静かな石畳の道に猫が歩いていたり…とても趣のある町でした。

台北からバスやタクシーで行けますので、台湾旅行の際にはぜひ訪れていただきたいですね♪※かえりのバスはかなり混みあうので、タクシーで他の観光客と乗り合いで帰るのがおすすめですよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です